新郎新婦の裸足

結婚して初め

パソコンを開く

結婚が決まったお二人が最初に手にするアクセサリーが、婚約指輪になるのではないでしょうか。エンゲージリングとも呼ばれることで知られている婚約指輪は、男性が女性に贈るリングになります。かつては、プロポーズする際に贈るという、サプライズ的なシチュエーションを抱く人も多くいましたが、最近では婚約が決まった際、二人で宝飾店に赴いてオーダーする、という形を取るケースが主流を占めつつあります。婚約指輪の購入というと「給料の3カ月分」という価格を目安に、とお考えの人も多いのではないでしょうか。これは、世界的に有名な宝飾店がかつてキャッチコピーとしていたものを、男性有名歌手が婚約時に発言したことで有名になったフレーズになります。

近年では、婚約指輪は今後も続く生活のことも考え、あくまでも無理のない範囲で購入する、という考えが多くを占めています。エンゲージリングというと、リングに設えられた台座に、大きめのダイヤモンドが乗せられている、というタイプをイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、実は宝石はダイヤモンドでなければならないという決まりは無く、お好みの宝石を選んでも何の問題もありません。誕生石や、思い入れのある宝石を選ぶことにより、より思い出深いエンゲージリングとなるのではないでしょうか。エンゲージリングの購入は、主に宝飾店で行われます。近年では、ゆっくり選ぶことが出来るようにと、予約制を取り入れている店舗もあります。