新郎新婦の裸足

体型に合わせて

パソコンを開く

お子様を妊娠している花嫁が結婚式を行なう場合、体型に合わせてマタニティドレスを選ぶようにしましょう。お腹が大きくなっている場合でも全体を美しく見せてくれるマタニティドレスは存在しています。近年ではマタニティ花嫁専用のマタニティドレスも販売されていますので、ウェディングドレスをレンタルする場合はそうしたドレスを探してみましょう。また、一般的なウェディングドレスにもマタニティドレスとして着用できる型のものが存在しています。例えばエンパイアラインのウェディングドレスはウェスト部分を締め付けませんので、マタニティドレスとして良く利用されます。身長の低さを気にしている花嫁にとっても見栄えのするドレスですから、着用した場合は多様なメリットが存在しています。

近年、「授かり婚」によって入籍するご夫婦が増加しています。こうしたご夫婦のために、結婚式場がマタニティプランを用意しているケースも存在していますので、授かり婚の式を挙げたい場合は使用するようにしましょう。授かり婚と妊娠していない花嫁の結婚式は、求められる配慮が変わります。例えばウェディングドレスと言えば多くの花嫁にとって憧れの衣装ですが、既にお腹が大きくなっている花嫁にはマタニティドレスが必要になります。マタニティドレスを美しく着こなす場合、マタニティ用のブライダルインナーを用意してもらうようにしましょう。結婚式の間、花嫁の身体に大きな負担を与えないためにも重要な配慮です。また、マタニティ専用ブライダルインナーは通信販売で購入する事も可能です。